クラフトフェア ハング体験

f0053958_19381053.jpg

初日、好天につき、ほぼ休みなく体験のお客様が訪れました。
当初は中学生以上からという制限でしたが、小学生低学年でも、サイドワイヤーサポートのマンパワートーイングで体験してもらい、ご家族親子ともども楽しんでいただいたりしていました。上は74、76才の方までご満悦の様子でした。
"
"
引っ張る距離が短いのでオペレーターのアクセルワークが難しいのですが、うまくこなして体験の方も喜んでいました。

"
この3つ目の動画は、「ちょっと気を付けなければ」、といった状況です。
というのは、パッセンジャーが緊張のあまり、腕と足を伸ばしきって固まってしまった状態でなので、引っ張りすぎて上がってしまってから地面に接地すると怪我に繋がってしまう可能性のある状態だと思います。この場合は高度を上げず上手くゴロゴロと接地しているので問題ないですが、パッセンジャーにリラックスして肘と膝は軽く曲げるようにレクチャーしなければなりません。とは言っても初めての体験者は緊張して固まってしまうのが当たり前。オペレーターの判断と技術次第ですね。

初日はかなりの方々が体験されたと思います。無料というイベント性もあってのことだと思いますが、これが有料体験となった時の料金的な価値観と体験してみたいという行動的な価値観をどう設定するかが今後の課題ではないかと思います。そこを判断するための有効的なアンケート調査も行っていたので、ぜひとも今後の成功につなげてもらいたい所です。
応援するぞー、頑張れー! 一日でへばってたらあかんでぇ・・。
[PR]
by topair-expert | 2010-11-22 20:57


<< BLUE-Z 業界デビュー!! >>