やっぱり ○○○ットでしょ~!?

European では若手のMichaelやPrimozがすごいですねぇ。
優勝したオーストリアの Michaelは、前回のHeyの世界選手権が始めての出場で16位くらいだったかな。何度か一緒に絡んで飛んだりしたし、Heyでの宿も同じモーテルだったのでほんのすこし話しもしましたが、真面目な好青年って感じでした。まだ経験も浅いのに、一緒に飛んでた時の観察力と判断は一流並みでした。
Europeanのタイトルを取るとは、もはや手の届かない所か・・・
それにしてもオレッグやレイジンガーは・・・・

でも、やっぱりコンバットでしょー。
98名の参加選手中、約半数の46名のpilotがAEROSグライダーで、43名のpilotがコンバットに乗っています。続いてMoyesが30、Icaroが14。
最もハンググライダーの盛んなヨーロッパ諸国で認められた結果で、嬉しい限りです。 最近、他の機体がなんかかんかいってるみたいですがどうなんでしょうね~ まあヨーロッパ諸国の実績が判った結果でいいんじゃないんでしょうかね。日本でも頑張るべぇ~。
f0053958_072417.jpg

さて、ここで問題です。
「○○○ット」 の ○の中に入る文字は次のうちどれ?
1. パイロット!
2. コンバット!!
3. ラブマット !?
さぁ~正解はどれでしょうー!? そして、4番目の○○○ットは・・・??

つまらない宣伝でスミマセン・・・
ブログ更新ネタ切れでパクってしまいました・・・。ゴメンナサイ・・・。
[PR]
by topair-expert | 2006-07-04 00:13


<< リクエストfrom ムター! 韓国 Kimさん >>