春のコンディション注意報

今年は全国的にかなりの暖冬で、早くも春のようなコンディションになりつつあるようです。その為、各地でフライト確率も良くなっているようですね。
先日足尾でテストで飛んだ時も、上限高度こそ1300ちょっとと低いものの南-南西で結構パワフルな強弱がありましたねぇ。リフトの強さはそうでもなかったですが、下降気流の挙動が妙に不安定で、お尻の穴が「きゅっ」としまることもしばしば。
温暖化の影響か、最近は逆転層が速い周期でしっかりすることも多いような気がしますが、その中での対流はそれなりに活発なようで気が抜けないです。

いつもの年よりも早く良いコンディションで飛べるからといってあせらずに、春先特有の不安定なコンディションを良く見極めて、7割程度に気持ちを抑えて安全マージンを多めにして楽しみましょう。
[PR]
by topair-expert | 2007-03-01 02:14


<< 親指・・・。 山は北風強し、ならばトーイング >>