やっぱり、

マンフレッドなんだろうなぁ、と思う今日この頃。
彼の技術・知識・経験・戦略、そしてグライダーは今でも世界一なんだと思う。おそらく今後の世界選手権には出てこないのかもしれないが。
トーマス・スシャネクも凄かっただろうけど、自分が世界選手権を意識してからの世代はやっぱりマンフレッドなんだと思う。

当然、次の世界選手権では、オレック、レイジンガー、ジョニーあたりがトップ3に絡んでくるのだろう。そしてその下にも15-20名の強者が・・・
そこに食い込んでいくのを目指したんではダメだろうと。
けれど、それすら厳しい現実ではあるが・・・
もっと頑張ってみようっと!
プラスマイナス0よりは、プラス0.01でも良いなら。
まだビッコだけど・・・。
[PR]
by topair-expert | 2007-06-09 00:48


<< 講習生!? ウクライナへ >>