<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日の足尾

不成立の板敷きSPのうっぷんを晴らすためクロカンしようか、真面目にお仕事テストフライトにしようか悩みながら遅めの登頂。
と、言いながら積んだグライダーはCombat L 2006。
テイクオフにて、最強の気象予報官、内藤さんとお話し、
「ひょっとしたら福島くらいまでは・・・」
ふむ、それでは記録に届かない・・・中途半端じゃ回収もなぁ・・・

しかーし、飛んで見なけりゃ判らない。クロカン男、富原にそそのかされ、
回収は、「クロカンすれば砂マンが回収してくれるよ」と、T2試乗する学生トミーをそそのかし、京ハンの林寺さんが来ていて、奥さんがいるのを発見してクロカンをそそのかして携帯番号をゲットし、いざ、出陣!

12時少し前にテイクオフして、2発で加波山1400ちょっとでスタート。
12時5分くらいかな。
仏頂で富原とトミーを待って、板敷きから来たモイスも合流して1600くらいで北上。日野テストコースで1800強、他は低く散ってしまったので一人で先行。そのままワングライドで烏山。コンバージェンスのラインは御前山から北東方向の八溝方向なので無理に突っ込まずいつもの平野との境目コースで進むも急に渋くなる。ちょうど1時くらいで烏山を越えるも1100-1200までで、時には800-900。
烏山超えて馬頭に差し掛かるも、1時間で40kmペースでは白河プラスそこそこかなぁと考え、回収の迷惑も考えて引き返すことに。1時15分位?
振り返ると後ろは少しずつ良くなってきている模様。
烏山の南端までは800-1100で繰り返し、そこから南は結構なヘッドウィンドでも好条件で1300-1500くらいをドルフィンと+5を2回使って高峰の北まで戻る。そこから南は再びブルーで更に下層は南がしっかり入ってそう。高峰の少し北で1500までもどして南下。板敷きの尾根をやっと越えてランディング。2時40分くらいでした。

寒さで、おしっこタンクが破裂寸前。下りてすぐに脇に駆け寄りご開放。
板敷きの皆様、見苦しい姿を大変失礼いたしました。
クロカンには、この対策が最も重要かも・・・。

後から聞いた様子では、郷田さんが郡山まで伸ばしたそうな。
やりますねぇ。
今度はしっかり回収車を手配してとことん行ってみよう。
茂木に降りた富原は、市中引き回しで120km先まで連れてかれたとさ。
f0053958_06022.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-03-26 00:09

ITAJIKI TODAY 2

今日も板敷き、
色んな人、20人ちょっと。
700-800くらいに少し減率の悪い層があってその上は1300ちょい。
更にそれを突き抜けて1700で難台から足尾を越えてつくば西回りを目指すも上げなおすと流され戻されやり直し・・・諦めて盆地内で調整のテスト。
CombatL2006プラス10ミリカーボンバテン。
前と同じように調整するも、ピッチ安定強く疲れる。
明日やり直し・・・

最近ちょっと、ヤフオクのカニにハマっている・・・
決して贅沢な高いのは無理だが、タイミングよければいいのを安くゲットできるのもオークションの魅力かな。せいぜい2000-3000円で・・・
大会中、学生たち15-20人くらいで食べれて、一人1000円で食べ放題できるカニを入札中。20kg籠入りで60-70杯入りをゲットできるといいのだが・・・みんな食べるかなー? ゲット出来て、食べないって言われたらどうしよう・・・・・
f0053958_2325695.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-03-15 23:31

ITAJIKI TODAY

今日の板敷き、
ムタ、カッキー、服部、アキ、タンデム桂さん、板さん、テスト大門。
西風強めの予報だったので足尾で待ち合わせするも、南西よりなので板敷きに移動。テイクオフ2-4m、中層3-5m、1000m付近で5-7mと思ったほど強くは無いが、リフトとシンクの差がはっきりしていて気は抜けない。
ちょっと気を抜くと500mあっという間にシンクに落とされる。

こんな時でも普通に大会でタスクをこなすので、目的を持って、メリハリのある飛びをしないと、なんとなく上がってなんとなく降りてしまう。
学生4人の飛びがそんな風に見えた。明日聞いてみよう。

テストしたDiscus13が前とちょっと変わったかも。
センタリング中が柔らかくなったような・・・サイドワイヤー変わったかな・・・
まあ、いいことなので、確認してみます。

明日は白河くらい行って見ようかな。
f0053958_2233728.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-03-14 22:05

Combat L 学生チャンピオン !!

おめでとう!! 牟田園くん、学生選手権優勝。

今日の夕方、豊田君の携帯から電話が、
優勝したかなと思って出てみると、ムタ。
「やりました! 大どんでん返しで優勝です。」
「宙さん(伊藤君)も3番目くらいでゴールで、良平さんは・・・リフライトゴールで斜め模様です。。。」
予備日の今日は20数キロのタスクでゴールフライトだった様です。
Combat乗りの皆さん頑張ってくれたようで、ありがとう。おめでとう。
他の選手たちも怪我も無く無事終わったみたいでよかったよかった。お疲れさんでした。

自分は今回残念ながら九州営業にいけなかったので、宣伝になったかな。
頑張ってくれた3人には、おいらの熱いKissをプレゼントしよう!!
f0053958_2255896.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-03-10 22:06

・有効的な上限・下限高度の判断。

皆さん安全対策、機材・装備の点検、気象判断、気持ちの引き締め、練習・慣らしフライトしっかりお願いしますよ。

さて、有効的な上限・下限高度ですが、セールプレーン関係の本にはよく載っているのでもう一度よく読みなおしてみてください。
この高度範囲を判断するには、最初に上げ切った時や雲低につけたときの高度の変化によってリフトの強さや挙動がどう変化したかよく観察してください。リフトが順調にしっかりしてきた、強くなってきた高度と、ピークに達した高度、あるいはピークの高度の少し手前でリフトが弱くなったりしたときの高度を観察して有効的な高度範囲の目安として判断してみてください。
また、一日の時間の中では、コンディションのいい時間帯と弱くなってきた時間帯では高度範囲は変わってきます。

それと、高度600m以下の地表摩擦層の影響によって、リフトがまとまらなかったりドリフトすることが多いのでこの高度付近も下限高度の目安といえます。600mから1000m位から上の高度は自由大気層になりやすく、地表面の影響を受けにくくなるので、リフトの変化や挙動も同じような動きになることが多いようです。後、テイクオフレベルの高度や尾根の稜線の高度なども判断のひとつとなります。

なぜ有効的な高度範囲を判断するかは既に判っていると思いますが、突っ込みすぎて低くなりすぎてスタックしたり、いつまでも弱くなりかけのリフトを使いすぎたりしてタイムロスしないように効率良く的確に。

ただし、どんな時でも状況次第。
状況に応じて必要な所で必要な分の高度を得ることです。
f0053958_0554058.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-03-10 00:58

安全第一! 気を引き締めて。

すでに報道関係等でご存知の方もいると思いますが、
昨日の日曜日に、福島県の仙台平エリアで、事故がありました。
自分も知っている方でしたので、驚いて昨日今日と状況を聞いてみましたが、ご本人は一命は取り留めたものの、脳挫傷、頭蓋骨折、くも膜下出血と
まだ安心できない様態でICUに入っていますが、医師の呼びかけには反応しているようなので、今後の様態を見守り、回復を願っております。

事故当時の状況は、
雪が解けて久々のフライトに訪れたクラブの方々が、春先の好条件の中1900m位まで上昇できるコンディションでフライトしていましたが、ランディングはサーマル等の影響で、90度風向が変化することがあったり、なかなか高度が下がらなかったりと、春先特有の少し荒れた状況だったようです。

怪我をされた方の前にランディングした人の時も、ファイナル進入で高度が下がらない状況だったが、荒れているので無理して振り下ろさず、ランディング場を越えた田んぼに下ろしたそうです。その後に降りてきたご本人も似たような状況で、前の人より5mくらい高めで進入したら、200m先の電線まで全く落ちないで伸びてしまい、判断が遅れたか、回避操作が遅れたかで、旋回途中で電線に接触し、斜めノーズ方向からアスファルト道路に墜落してしまったようです。
やはりランディングは荒れていたようで、無理に振り下ろすより、多少オーバーしても真っ直ぐ安定させてといった考えだったのでしょか、それでも200mの間下がらなかったのであわててしまい、判断と操作が遅れてしまったのかもしれません。

ようやく春らしくなり、サーマルが活発になり、クロカンだ、大会だ、と張り切る前に、今一度気を引き締めてフライト全般について見直し、注意しなおしてください。
春先はサーマルコンディションが良い分、シンク、乱気流もより激しくなります。空中においても強いサーマルにはじかれたり思わぬ乱気流に遭遇し易い時期でもあります。良い条件に気持ちがあせってしまい、グライダーやハーネスのセットアップミス、フックアウトなど絶対に無いように、事前にオーバーホールなどの点検とプレフライトチェックは必ず行ってください。
テイクオフ・ランディングは今まで以上に慎重にし、風の強弱や変化に充分注意してください。空中においても気象変化について常に注意しながら観察してください。
特に、冬の間はあまり飛ばない人やそういうエリアなどではより慎重な注意と自己管理が大切です。エリアやスクール、クラブではルール的な規則を見直したりすることも大事だと思います。例えば、長期間飛んでいなかった人の最初のフライトは必ず朝夕の穏やかな時にするとか、パイロットであっても教員が監督するとか。

必ず、みんなで声を掛け合って、
安全に対する考え方と意識を高めましょう! 安全でなければ楽しくない!!

[PR]
by topair-expert | 2006-03-06 23:17

競技編、タスクコンプリート

ここまでで順調にスタートを切れたならば、ほぼ50%位の仕事をしたと思ってもいいでしょう。それ程スタートというのは重要だし、それまでに行ってきた、「観察、推測、現象の確認、修正」といった考え方が重要だし、この後の展開を考えるベースにもなってきます。

エキスパートを目指すならば、ゴールすることは絶対条件。
ゴールして初めてタイムがどうの、速い遅い、途中のロスが見えてきます。
ゴールできないコンディションならば、誰よりも長い時間を飛び続けること。
ランディングするのは自分が一番最後になるまで頑張り続けること。

その上で、タスクを速くコンプリートするために気をつけたいことは、
・有効的な上限・下限高度の判断。
・より強いリフトを早く見つける。
・人よりも速く上昇する。
・人よりもより高く上昇する。
・下がらないコースの選択。
・上がるコースの選択。
・コンディションの変化の察知
・必要な所で必要な分だけの高度の判断。
・時には、なんちゃって作戦。
などなど、飛行中に目で見て、さらに頭を働かすことはたくさんある。

更に、頭を働かすだけでなく、体も高い技術で動かさなければならない。
・より強いコアへのシフト。
・ドリフトするリフトへのシフト。
・ガグルの中で早く上げ切るテクニック。
・グライダーの挙動から感じ取る気流とリフトの変化。
・真っ直ぐ飛ばすテクニック
・バープレッシャーから感じ取る的確な速度。
・位置エネルギーと速度エネルギーのバランス、ドルフィン。

などなど、目、頭、体、の全てを使って、時には別々に使いながら、トータル的により効率の良い方法を選択しなければなりません。
ただ、あまり一編にいくつもの事をやろうとせずに、単純な事柄に置き換えて考え、一つ一つのことに自信が持てるようになってから、その単純なことを多く出来るようにして一連の動作や判断につなげていきましょう。
次からは、これらの一つ一つについて掘り下げて考えて見ましょう。

ふぅ、やっぱり真面目なことすると何か不真面目な事したくなる。
今日はこの後何するべぇー? 悶々・・・
不真面目な!? 「EROS」高波しんちゃん発進!
f0053958_23524618.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-03-02 23:55