<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

九州上陸!

朝5時、雨、風ビュービュー!
どうすんべぇ、とりあえずラーメン屋まで行って寝るか。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-24 04:53

明日退院ームタ

今日の検査結果は良好だったようで明日退院だそうです!退院後も無理しない程度で普通に生活していいようです。よかったよかった!
[PR]
by topair-expert | 2006-11-22 16:22

ちょっとの差-操縦テクニック編

グライダーコントロールの差では、センタリングテクニックと真っ直ぐ飛ばすグライドテクニックが大部分を占めます。
(テイクオフとランディングの技術は当然の基礎技術として。)
明らかに差を感じやすいのはセンタリング技術で、ほとんど同じような高度でリフトを捕らえたにもかかわらず、わずか数周のセンタリングで、あるいはたった一周の違いでその後の上昇に大きな差が生じてしまうことって多くないですか?このわずかな差はとても重要な差で、かなり真剣に取り組んで練習しないと習得しずらい事だと思います。

グライド技術としては、以外に重要視されづらく、また、その差を判断しづらい部分でもありますが、長い距離を飛ぶ時にはその差が結果として高度に現れ、次に遭遇するリフトでの上昇能力にも影響してしまう重要なファクターです。この二つの技術についてもう少し掘り下げて考えて見ましょう。
また明日・・・以降に・・・九州からお伝えします・・・。

明日の夜のフェリーで九州営業に出かけます。
天気も微妙なのでのんびり船旅で経費節減、体力温存?です。
今回の営業目標は、一九・長浜将軍・久留米大竜・屋台一竜・熊本馬刺しとグライダー注文5機です!!
九州フライヤーの皆様、どうぞ宜しくお願いいたします。
天気のいい平日はお腹壊したり風邪引いたりしてお仕事休んで一緒に飛びましょう!!11/25から12/3まで滞在予定です。

ブログ更新は天気の悪い日にネットカフェからお送りします。
部活にハマらないようにしよっと・・・
f0053958_0341020.jpg

[PR]
by topair-expert | 2006-11-22 00:37

ほんのちょっとの差

さて、エキスパートな話からだいぶ遠のいてしまったので、そろそろ復活したいと思います。
最近よく感じ、考えるのが、ほんのわずかなちょっとの差についてです。
グライダー、テクニック、知識、判断などなど、基本的なものや考え方は皆持っていると思います。ただ、その事柄を必要とする場面で、ほんのわずかなちょっとの差が結果的に大きな違いを生み出していることが多いと思います。
グライダーの性能、浮き、ハンドリング、リフトへ絡むテクニック、真っ直ぐ飛ぶテクニック、コースの取り方、リフトを探す頭、知識、判断などなど。
必要とする場面で瞬時に的確に操作、判断することが重要です。
これらのことについてもう一度よく再認識して意識してみましょう。

ぼちぼちとこんな内容を復活したいと思います。ぼちぼちと、ゆるゆると・・・
f0053958_1114960.jpg
今年ウクライナを訪れた時に、観光に連れて行ってくれたバクダン君(エアロス社員でもと空軍のミグパイロット)が英語で話せるようにと英語の話せるオネェちゃんをナンパした。きっかけはオイラをダシにして、まんまとアドレスゲットして仲良くなったらしい・・・へそ出しルック? 腹出しルック?
[PR]
by topair-expert | 2006-11-21 01:19

元気そうなムタ

留守していたので、五日ぶりにムタの様子を見てきました。
阪大の先輩後輩も心配しているようなので状況報告。

今日から歩けるようになっていました。首のコルセットはそのまま。
ちょうど今日再検査をしたらしく、たまたま主治医が部屋に来たので聞いてみました。液漏れはまだ僅かにあるようですが、起き上がった姿勢のほうが留まりやすくなるそうで、このまま落ち着くかもう少し経過を見るとの事。
来週もう一度検査をして最終的な判断になるかどうか。
順調ならもう一週間程度で退院。経過次第との事。

本人はいたって元気そう。
とは言っても重症患者ですが、痺れや痛みもないそうです。
当初、「ち〇こ」の反応が薄いと嘆いていましたが、復活した模様。
看護婦さんに試してもらえなくて残念そうでした。
歩けるのであちこち電話しているようでした。
このまま順調に経過してくれれば良いですね。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-17 22:51

その後のムタ

昨日アントンさんがお見舞いに行ったときの情報を頂いたので、様子見に行ってきました。
当初の順調そうな経過から少し様子が変わって、入院は2週間くらいになりそうとのこと。とりあえずこの1週間は首コルセットをした状態でベットの上で安静との事です。1週間後に再検査して再手術の必要があるかどうか判断するようです。再手術がなければもう1週間様子見て退院できるが、再手術の必要があるときはもう少し入院が長引くかもしれないようです。

本人とは面会も出来るし話も出来ます。
こっそり携帯メールも、たまにはやっているようです。
もう少し安静にしながら経過を見るようです。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-12 19:25

今日のムタ

元気そうで安心しました。
f0053958_2235881.jpg

今日一般病棟に移り、面会できました。
ご両親も週末まで滞在しているとの事で身の回りの世話もしていただいているようでした。ずれていた第4頚椎を戻す手術だったようで、骨折と潰れていたのはあまり影響なかったようです。でも、欠けていた骨はどうしたのだろう・・・?
特に引っ張って固定したりしなくとも、動かさないように安静にしていればいいそうです。歩けるようになったら首にコルセットして固定するみたいです。
早ければ来週末くらいには退院して大阪のほうで通院するとの事でした。
とりあえず一安心のようです。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-10 23:25

ムタの状況

今日手術の予定で、ご家族の方も見えられると聞いていたので夕方に病院に行って見ました。
まだ面会できないようで、ご家族の方も午後には帰られたとの事でした。
手術後の容態とか聞いてみたのですが、個人情報の保護のため家族以外には伝えられないとか・・・。何も教えてもらえませんでした。
なんだかな・・・。

まあ、ご家族の方が帰られたということは、安心できるからなのでしょう。
少し粘って聞いてみたら、経過が順調なら明日には一般病棟に移れるかもしれないらしいので、明日来て見てくださいとのことでした。
一般病棟に移れるということは順調なのかな。
明日また覗いて見ます。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-10 00:38

ひろーか、発射しました。

EJC終了の翌日、どん曇ど安定。
実験台テスト行いました。

まずは自分がディスカスでテストとデモをかねて2本。
続いてファルコンで1本。
トライクの速度とパワーのテスト。トライクパイロットのテスト。ウィックリンクやリリースのテストなどなど。
ディスカスは引きやすく引かれやすく練習には最適のようです。
ファルコンは指先でフルロックしてやっとでした。トライク側は充分なパワーがあるので問題ないですがシングル機での練習はもう少しテストが必要。

そしてひろーか1本目。低すぎてカットされる。
2本目。高すぎてカットされる。頭真っ白状態だったみたい・・。

翌々日再び引っ張る。
昼過ぎはボコボコしてたのでおいらが納品前の2機のテスト。
3本飛んでテスト調整完璧 ! 2日分の仕事をわずか2時間の間でテストできて最高でした。ありがとうございます。
続いてひろーか発射 !
サーマルは弱まって安定しているので順調に上達しつつある。
若干ピッチの上下はあるものの、4本こなして安定していました。
最後は960mまで打ち上げて、ちょっと振られてリリースした模様。
1000mまでは届きませんでした。
f0053958_1263479.jpg

今後ももう少しテストをして、安全重視でやって行きたいですね。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-09 01:31

ほっと一息、EJC2006成立

いやー、よかったよかった。成立してくれました。
おかげで来年の世界選手権も出場でき、シードも確保できました。
(笑った人も泣いた人もいるだろうけど・・・)

本当にありがとうございました。
AEROS Glider パイロットの方々も大活躍してくれて感謝、感謝です。
詳しくは後ほど info-blogで。
[PR]
by topair-expert | 2006-11-09 00:07