18th World championship in Italy

無事終了しました。
沢山の応援、ご支援、ありがとうございました。

皆さんご存じの通り、11日間の競技日で、2本のタスクが成立し世界選手権としても成立しました。
国別順位で4位、自分は個人総合で4位という成績でした。

微妙に嬉しいです。
世界個人4位という成績はとても嬉しく、価値ある結果だと思います。
もちろん国別順位で4位という成績も。
ただ、2本の成立というのが微妙な理由かと。日本人的考えだと3,4本、あるいは7,8本と成立すると実力のある選手がさらに上位に食い込んでくるだろうし、国別でもイギリス、オーストラリアといった強豪国が上がってくるだろう。けれども、2本の競技はすべての選手が平等に競いあった結果。
各国の選手が 'おめでとう' 'good result 'と。もちろん日本チームの仲間からも。
確かに本数を重ねれば、マンフレットなどの実力選手が上がってくるだろう、それでもお前も更に上位を狙うチャンスがあると、嬉しい言葉をかけてくれる選手も。

素直に喜ぼう!やったぜー!
目標達成じゃ、日本人をなめるなー!!

すべての日本のフライヤーの皆様、声援ありがとうございます。
今回感じた事、将来的な事など、帰国したら改めてレポートさせていただきます。

第18回 ハンググライダー世界選手権 日本代表
大門 浩二
[PR]
by topair-expert | 2011-07-31 01:09


<< やられた!ローマ最低 Day 10 途中 >>